奈良:正倉院紀要 第37号

3年前から、正倉院の宝物8世紀の毛氈の研究に、謙虚に、好奇心を持って、関わらせて頂いております。

毎年10月初旬から数週間、奈良国立博物館にて行われる展覧会の為の研究会。

今回の研究テーマは動物繊維の宝物についてです。その為、展覧会では、書道の筆、お面、フェルト花氈が一部発表されます。珍しい宝物が見れますので、スケジュールに予定を書き込んで!

展覧会を、私はとても楽しみにしています。ぜひ、皆さんも楽しみに、この開けられた8世紀の奈良の窓をのぞきに行って下さい。奈良国立博物館

BulletinShosoinTreasHouseNo37 2015

BulletinPg1

BulletinShosoinTreasHouseNo37 2015_0002

BulletinShosoinTreasHouseNo37 2015_0003